2012年10月16日

日記


お久しぶりです。
こっそりとブログ再開します。
ちゃんとしろ、俺!


10月1日

台風一過ですこぶる天気が良い。

昨夜は大阪で中村一義さんとのライブ。
予報通りに夕方頃、台風直撃。
終演後、そのまま東京に戻ることになっていたが、新大阪駅に着いてみると、チケットを手配していた新幹線が運転見合わせ。
とりあえずホームに停車中の新幹線に乗り、車内で手続きをして、どうにかこうにか帰ってきた。
到着が3時間遅れとかそんな感じだった。

一日、制作。

夜、「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」を観に行った。
タマフルで宇多丸さんやリスナーさんが指摘していたことと完全に同意見だった。
良い所も悪い所も込みで。


10月2日

数日前、突然喉に鋭い痛みが走り、病院に行った。
診てもらった結果、扁桃腺が炎症を起こしていたとのこと。
幸い、声帯には炎症がいっていなかったので、声は出る。
大阪での2日間のライブは薬で抑えて問題はなかったが、まだ少しだけ痛みが残っていた。
念のため、病院に。

僕が通っている病院は、声の仕事をしている方が沢山通っているところで。
それだけに、声に特化した治療をしてくれる。
ライブ直前に喉を痛めた!といった緊急事態にも対処してくれるし、実際本当に治る。
僕の場合、季節の変わり目に必ず風邪を引くダメな人なので、少なくとも年に4回はお世話になっている。
今回も、夏から秋へのそれだと思う。
胃カメラならぬ喉カメラで患部を診てもらい、点滴を打って、薬をもらい、終了。

先月末、拙宅のインターネット回線が、ADSLからひかり回線になった。
長いことADSL生活だった僕には、ものすごく速く感じる。
そのおかげでYouTubeを観るのがすごく楽しい。
…ということは、やっぱり今の子たちはみんなそうなんだろうなと気付く。
これだけサクサク動画が観れてしまうなら、観てしまうだろうな。
これで済ませる気持ちもわからなくない。


10月3日

今月下旬から始まる我々の秋ツアーに関する打ち合わせ。
メンバーと、ライブプロデューサーの本間さんとで楽曲をざっくり選んでいく。

歌であったり演奏であったり、少しでも「上手くなったかもしれない」と思えると、途端になんでも楽しくなってくる。
昔は上手く演奏出来なかった曲も、今演奏してみると本当に、「あ、こういう曲だったんだ」と再発見があったりするから面白い。

今回の秋ツアーは『TOUR 新呼吸 take.2』というタイトルの通り、前回のツアーの続きである。
会場も前回は行っていない所が中心になっている。
でも、単純に同じセットリストでいくことは考えていない。
アルバム「新呼吸」のツアーをするのは、一応、今回が最後になる。
また、アルバム発売から約1年が経っている。
そんな解釈も加えつつのセットリストで臨みたいと思っている。

帰り際、豪雨。
先日の台風でもこんなに濡れなかったのに、という感じだった。

帰宅後、制作。


10月4日

朝まで制作していて、一息ついたところで、今日発売の「バイオハザード6」の予約をAmazonでしていなかったことに気付いた。
ただ、どうしても今日からやりたかったので、そのまま勢いで「バイオハザード6」を買いに行った。
「ゲームの新作を買う」という行為が何よりも楽しみだった小学生の頃を思い出した。
祖父にねだって、隣街のゲーム屋さんによく行ったなぁ。
買ってもらってその帰り道、このゲームがどれだけやばいかっていうのを祖父に熱心にプレゼンした。
全然興味なかっただろうけど。笑

ベボベLOCKS!収録。
久しぶりに、普通のラジオらしい企画をやってみたらやってみたで、全然刺激が足りなくなっていることに気付いた。
リスナーの人たちもやばい企画が欲しいだろうし、メンバーもスタッフもみんな同じ。
普通のことをやってみて、再確認出来た。

帰り道、いきつけの天ぷら屋さんに行こうと思ったら、またも豪雨。
傘を持っていなかったため、シャワーみたいな雨に濡れなくてはならなかった。
びしょ濡れになって、お店へ。
天丼をいただいた。

さらに帰り道、駅でSOL!とーやま校長とバッタリ。
「アーティストさんも電車乗るんですか?」と。
いやいや、全然普通に乗りますって。


10月5日

午後から制作関連の打ち合わせ後、ライブリハーサル。
明日のイベントのセットリストを決めつつ、ツアーで演奏する曲の洗い出しもしていった。
久々に演奏する曲もかなりあった。


10月6日

渋谷AXにて、「テレビ朝日 ドリームフェスティバル2012」。

午前中のリハーサルから、本番まで7時間近く開いてしまうので、一度帰宅して3時間ほど仮眠をとった。
夕方、改めてAXへ。
トリのサンボマスターさんのあと、ステージに出演者みんながあがってセッション。大団円。
もの凄く楽しかった。

終演後に代々木第一体育館の方の出演者さんも合同で軽い打ち上げ。
出演者1組ずつ挨拶をするという無茶ブリにも、渋谷AX出演組の連帯感が発揮されて面白かった。

ライブ後に青森へ夜走り→そのまま北海道というOKAMOTO'Sを見送り、帰宅。


10月7日

打ち合わせ後、ツアーリハーサル。

あがっている候補曲を演奏してみて、ひたすら検証していく。
久しぶりな曲も多いので、感触を確かめつつ。
なんだか妙に空気が薄いスタジオで、歌が歌いにくかった。苦しい。

帰り際、昼の打ち合わせを受けて、今村ディレクターと電話打ち合わせ。


10月8日

昨日に引き続き、来年についての打ち合わせ。
どういう1年にしていくかメンバーと話し合い、それを大まかな時系列の表にして大人達に提出。
揉んでもらい、それを受けて今後さらに細かく打ち合わせしていく予定。

ツアーリハーサル。
昨日の楽曲検証で残った楽曲をさらに検証し、セットリストが決まってきた。
昨日に引き続き空気の薄いスタジオ。苦しかった。

帰宅後、倒れ込むように就寝。


10月9日

毎週録画している「ザ・ノンフィクション」。
昨日放送の「アイドルすかんぴん2」を観た。
今回は主に地下アイドルを取り上げていたが、「すごくわかる」という感じで。
この10年でアイドルという枠が拡大、もしくは膨張、もしくは浸透していった結果、インディーズやアマチュアのアイドルが出てきた、と。
で、みんなライブハウスでCDを手売りしたり、チラシ配ったり、物販でファンの方と話したりとか、動員で悩んだり、メンバー内に亀裂が生じたりとかして。
っていうそれが、バンドのライブハウスシーンと全然同じで、デジャヴした。
僕らも動員が全く伸びず悩んだり、将来のことで揉めたりとかしてきたし、周りのバンドも全く同じだった。
正直、夢って残酷だなって思うことも沢山ある。
夢でお腹いっぱいになるためには、努力だって運だって必要で。
いまでも僕は夢の途中にいるけど、いつまで途中にいればいいのかと不安になってしまう時だってある。
もちろん、それが原動力だということはわかっているけど。
だけど、見果てぬ夢を追い続けていくことは、本当に大変なことだ。
あれから10年が経って、こうやって音楽の仕事をさせてもらっていることがとても有り難い。
でも、感謝するよりBETすることが大切な時期もあるから、難しくて仕方ない。

「アイドルすかんぴん2」番組の最後、泉谷しげるさんのナレーション。
『夢っていうのは恐ろしい 諦められない』。
そのバックには手嶌葵さんの「光」という曲。
『交差する 交差する 光と影 その先に何がある?』。
今やっている仕事にそんな「夢について」というテーマがあり、考えていたところだったので、思っていた以上に刺さった。


10月10日

ここ最近睡眠が不規則だった上に、あまり眠れなくて。
疲労が爆発してしまったのか、14時間は寝てしまった。
寝過ぎてしまうと損と感じる人だけど、たまに貯金の様な睡眠をとってしまうことがある。

B.L.T.連載の原稿をチェック。
次号はNHKの音楽番組プロデューサー石原真さん。
仕事で何度もお世話になっている方だったけど、まさかこんな形でお会いすることになるとは。
AKB48関連で「えっ、そうだったんですか!?」というようなことも沢山ご存知で。
なぜかというと、石原さんはそれらを目撃しているから。
前後編でお送りするので、お楽しみに。

仕事の資料を諸々確認&制作。


10月11日

「鋼の錬金術師」完全版を全巻大人買い。
普通のコミックスは妹に譲渡してしまったので。
「鋼の錬金術師」や「寄生獣」は見事な完結をしている漫画なので、すごく好きだ。
物語が膨張していった先で収束するのではなく、テーマがしっかり帰結しているというか。環になっているというか。
これは、自分が曲やアルバムを作る時にも大切にしていることで。
そこに、うつくしさを感じているんだと思う。

午後からツアーリハーサル。
前回大筋決まったセットを強引に通してみたところ、根本的に考え方を変える必要を感じた。
なので、通し後にメンバー全員で再度セットリストの見直しの話し合い。
そのおかげで良い方向に向かえていると思う。


10月12日

午前中、整体へ。
首から背中にかけて凝りがやばいことになっていたので、鍼。
自覚症状のある首から肩甲骨よりも、腰がめちゃめちゃ痛かった。
身体のゆがみも整えてもらい、だいぶ楽になった。
癖がつく前にまた行かないとなぁ。

午後からひとりで某所に載る取材を受ける。
とても光栄なお話で有り難い限りです。

ツアーリハーサル。
昨日の大幅な変更を受けて、また通し。
そもそもの問題点と課題がはっきりとわかり、その修正。
沢山、曲も仕掛けも詰め込みたくなるけれど、盛りだくさんにすれば良いっていうものではやっぱり全然無くて。
『2時間あっという間』を感じてもらうためには、セットリストを研ぎ澄ませることは勿論、演奏している僕らだけにしかわからないような細かい調整も必要。

疲れてフラフラになりながら帰宅。


10月13日

昨夜早く寝たので、早起き。
外に出てみると、かなり秋めいた天気。
朝焼けの雰囲気がとても良い。
涼しくて、からっとしている。
乾燥が気になる。
夏でも止めたことはないけど、そろそろ加湿器もフル稼働だな。

早い時間から溜まっていた洗濯物を片付ける。
食器などの洗い物はちゃんと出来るのに、衣類だけはどうしても溜めてしまう。
5〜6回は洗濯機を回した。

その後、苦手な洗濯物をたたむ作業。
ネットで綺麗にたたむ方法を検索して実践してみるが、まったく出来ない。
単純に自分が不器用なだけだと気付く。
実際、折り紙がものすごく苦手。
子供の頃から、本を見てもその通りに折れた試しがない。
自動車教習所に通っていたときも、緊急時についての授業で、布を折って腕を吊るやつを作るっていうのも全然出来ず恥ずかしかった。
いつかテレビで見た、「シャツが一瞬で綺麗にたためる道具」を買うしかないな。

洗濯をしている合い間でバイオ6。
とりあえず本編はクリアした。
でも、今回はこれ以上周回プレイをしてやり込もうという気持ちが湧いていない。
バイオ4と5をやり込んできすぎたのか、ゲームの性質の変化に戸惑った。
QTEや乗り物の操作が多過ぎたり。
画面も妙に暗いし、カメラの動きや操作性のせいで死ぬ場面も多かった。
ストーリーは堪能出来たけど、4・5のような何周もしたくなる感じがこなかった。

軽く制作をして、早めに就寝。
もうツアーに備えて生活リズムを整えないと。


10月14日

早起きして軽く制作。
掴めそうで掴めないという感じをずっとうろうろしている。考え込んでしまう。

午後からツアーリハーサル。
曲単位の練習と細部の調整をしてから、全編通し。
スタッフ的には良い流れなんじゃないかということだけど、演奏している自分的にはしっくり来ていなくて。
そのことについて話し合い、セットリストの手直し。
これだけ曲の足し引きをくり返すのは、いままでなかったかもしれない。
明日がリハーサル最終日なので納得出来る所まで持っていきたい。

ローディーの上甲さんに送ってもらい、帰宅。


10月15日

早起きして、入浴。
発声練習をして声を出す準備をした。
連日のリハーサルで声に疲れが出てきている感じがしたので。

家を出るまでの間、たまっていた漫画を読んでいたら、「自殺島」8巻が2冊あることに気付いた。
こういうこと、本当にしょっちゅうやってしまう。
先月は別冊少年マガジンも2冊買った。
その前は「闇金ウシジマくん」と「SKET DANCE」でやった。
どうかと思う。

午後からツアーリハーサル。今日が最終日。
昨日のリハを受けて、セットリストの再調整。
僕がしっくり来ていなかったことに、やっと折り合いがつけれた。
細部の調整をして、全編通し。

本番にならないとどうなるかわからないけど、かなり良い仕上がりだと思う。演奏していて、手応えを感じた。
「新呼吸」というアルバムと、前回・前々回のツアーをしっかりと咀嚼出来ているはず。
今回は11本と数は多くないけれど、昨年秋からの1年の流れを締めくくるに相応しい内容だと思う。
楽しみにしていてください。

通し後、さらに細部を再調整。
気になる所の練習もして、リハーサル終了。

クタクタになって帰路。
2駅寝過ごした。
【関連する記事】
posted by bbb at 07:33| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。