2012年11月02日

日記



10月16日

早めに起きて、朝食、入浴。

昼イチで事務所にて打ち合わせ。
来年の動きについて。
とりあえずわかったのは、もうすでに時間が無いということ。
今月末に制作締め切り。
知らないうちに切羽詰まっていた。

移動してベボベLOCKS!関連を諸々。

かなり久しぶりに渋谷。
しかも夕方の人が多い渋谷。

東急ハンズで財布を購入。
サカナクション山口くんに随分前から、「財布はちゃんと選んだ方が良いよ」といわれていて。
どうやら風水的に。
うろ覚えだったけど、言っていたようなやつを買えたはず。たぶん。

軽食を摂ろうと喫茶店に入ると、隣の席でおそらくマルチ商法か何かの何か。
スーツ姿の男性が、女性二人にめちゃくちゃ怪しい話をしている。
よくある手口だとすると、この女性の一人も実はグルなんじゃないかと。
実際、熱心に相談しているのはもう一人の女性で、実は2対1の構図になっていたっぽい。
『大金を儲ける楽な方法』みたいなそんな話が丸聞こえ。
図で説明してみたり、人形を使ってみたり、妙な端末を出してみたり。
僕が店を出る頃には、さらにもう一人スーツ姿の男性が援軍として加わっていた。
最初からいた男性の上司らしい。
大金を儲けるどころか、大金を搾り取られませんように。

渋谷AXで岡村靖幸さんのライブ。
スタンディングで3時間。
全く飽きないライブだった。
僕らもツアーリハをずっとやっていて、頭がツアーモードになっていたから、より、その構成の巧さに唸った。
パフォーマンスも素晴らしかった。
終演後、ひさしぶりに岡村さんにお会い出来た。
普通に雑談してしまったけど、岡村さんが元気そうで良かった。
マニピュレーター白石さんも相変わらずで。笑
MC面白かった。

自分達のツアーのことをぼーっと考えながら帰宅。
夜風がつめたかった。


10月17日

一日、自宅で制作関連の諸々。

夜、ツアーに備えて英気を養おうと鍋をしてみた。
白菜の分量が多過ぎて、後半は白菜地獄だった。


10月18日

昨日の昼、突然SoftBankから連絡があり、「明日iPhone5が入荷します」と。
僕が予約をしたのは発売日から2〜3日経った頃だったと思う。
「次回入荷は約1ヶ月後かと思われます」と言われ、本当にその通りだった。
正直、iPhone5熱は下がっていたけど、いざ手に入れてみると、4Sからのバージョンアップを色々感じられて嬉しかった。

午後、メンバー&スタッフで車で岐阜へ。
噂の新東名。
清水PAにて休憩。
初めて降りるPAだったが、出来たばかりらしく、ものすごく綺麗。
中にあった「カワセミベーカリー」というパン屋さんのシュークリームを食べてみたら、すごく美味しかった。
トイレもトイレと認識出来ないくらい綺麗。
お年寄りの団体さんが「あれ?トイレは?これ?いいの?」と戸惑っていて、その気持ちもよくわかった。

岐阜に到着。
チェックイン後、ホリとPA・オクさんとローディー・ミナミさんと手羽先屋。
カウンターで飲んでいた、鹿児島から出張で来ているというおじさんが酩酊。
隣にいた地元の方に絡み酒。
半ば強引に「二軒目行きましょうよ」と、その方を連れて店を出ていった。
その一部始終が気になって、オクさんが話している内容が全然頭に入ってこなかった。
結婚がどうのこうの言っていた気がする。

小一時間店にいて、ホテルに戻り、就寝。


10月19日

ツアー初日。
快晴中の快晴。
雲一つない。

会場は、昨年の春ツアーでもお世話になったCLUB ROOTS。
天井が高く、実にライブハウスらしい雰囲気がとても良い。

初日ということもあって、練習も兼ねてかなり細かくリハーサル。
思いのほかステージ床が鳴り、低音が溜まる。
お客さんが入ればある程度吸われるにしても溜まりがちだったので、音作りに苦戦。
本番までの間も、各々自主練習をして過ごした。

本番は、初日らしい緊張感がありつつ、岐阜の熱いみなさんのおかげですごく良いライブになったと思う。
MCも楽しかったなぁ。
やはり、“10回のリハーサルより1回の本番”。
これまでのリハーサルではわからなかった改善点も色々と見えた。
本番後、メンバーとライブプロデューサー・本間さんと話し合い。
セットリストに直しを入れ、明日に臨むことにした。

観に来てくれた、岐阜にお住まいの堀之内のご友人とお会いして、清水へ夜走り。
途中PAで夕飯。
疲れていて、何を食べたか憶えていない。

清水に到着後、コンビニで買い物を済ませて、即就寝。


10月20日

引き続き、晴れ。

昼過ぎにマネージャー大久保からメール。
「メンバーのみなさんに、し〜す〜をご用意いたしやした(笑)」とのこと。
なんだこの浮かれたメールはと、怪訝に思いながら会場入り。
本当にお寿司が用意してあった。
こんなことをしてもらったことがないので、さらに怪訝に思い、大久保にこの珍しいサービスの理由を聞いてみる。
「いやぁ、彼女とサッカーの観戦に来たときによく行くお寿司屋さんで、安くて美味しいんだよねぇ。」とのこと。
イラッとしたけど、実際、お寿司は美味しかった。
鮮度が違うと全然違うんだなぁと実感。

リハーサルでは、昨日の本番を受けての変更点もあったので、曲のつなぎなどを確認。
1曲削り、別曲を追加したのでその練習も。
音的には、昨日と真逆で超絶デッド。
しかも、あまり経験したことがないデッドさでびっくりした。
この昨日とのギャップで音作りに苦戦した。
アンプの向きなども含めて細かく調整。

本番は、昨日からの調整が良い方向に転んだ手応えがあった。
セットの流れに関して、自分的に気になっていたことが解消されたのは大きいと思う。
より気持ちが乗る感じがした。
それにしても、会場がとんでもない熱さと湿気ですごかった。
おかげで足元(※エフェクターのこと)がショートしてしまって、アンコールで使えなくなってしまった。
でも、それくらい盛り上がったということだから、全然良いこと。
毎回機材が壊れるほど熱いライブがしたい。
…それはそれで困るけど。

終演後、東京戻り。
痛風のせいでお寿司が食べれなかった湯浅の「ラーメン食べたーい!」の一言で、PAで夕飯。
待望のラーメンだったにも関わらず、ぬるくてまずかったらしい。


10月21日

2日間の疲れのおかげで結構なこと寝た。

確定申告の準備。
事務所の事情で、今年からこの時期から準備をしなくてはいけないことに…。
領収書などを整理して月ごとに分別。
量もあるので地味に時間を食う。

制作。


10月22日

昼過ぎから事務所で打ち合わせ。
来年に関しての諸々。

夕方、久しぶりに下北沢。
大好きなラーメン屋「一龍」で食事後、下北沢GARAGEへ。
出口さんとあれこれ話して、下北沢散策。
とはいっても、庭のような下北沢なので、特に目新しい発見はなく。
むしろ「この店潰れちゃったんだ」みたいな変化の方が目につく。
なんやかんやあって、帰路。

GARAGEから下北沢駅に向かう途中から女性に後をつけられて、撒くためにかなり遠回りをした。家に帰るところだったし。
もしかすると普通にファンの方だったのかもしれないけれど、後をつけるのはやめてください。怖いので。

帰宅後、確定申告の書類整理。
制作。


10月23日

朝から、ものすごい豪雨。

妹の誕生日。
4歳下なので、24歳。
もう24歳かぁ。
先日就職してバリバリ働いているそうで。
大変なことも嫌なことも多いと思うけど、お仕事頑張ってください。

昼から今後の打ち合わせ。
顔合わせと企画出し。

続けて、プリプロ。
まだ言えないけど、すごく楽しみな曲。
大体のアレンジなどなどが決まった。
かっこいい曲に仕上げたい。

帰り際、スタジオから新宿まで数駅分歩いてみた。
雨はすっかり上がっていたが、空気がつめたかった。
冬の気配がした。


10月24日

一日、自宅で制作。
時間が無いのに、作業が進まなくて焦る。

チーフマネージャー徳留とメール。
制作のヒントになりそうなことを色々。

夜から急に寒くなった。
寒くて仕事に集中出来なくなったので、思わずヒートテックを着る。
着たら終わり。
もう脱げない。
寒がりだから。


10月25日

昼になれば暖かくなるだろうと思っていたのに、全然寒い。
これは始まったな。

夕方まで自宅で制作。
夕方からイベントライブのリハーサル。

帰宅後、制作。
時間が無いから決めうちで作りたいけど、決めうちをするよりも選択肢を沢山作っておきたい。
そんな葛藤がくり返し。
で、作業が進まない。
細切れの曲の切れ端ばかりが出来ていく。


10月26日

早起きして、制作。

久しぶりに真っ昼間の渋谷へ。
渋谷タワレコへ、GREAT3「彼岸」を買いに行く。
最近はCDもamazonで買うのがもっぱらだったので、なんだかドキドキした。
でも、これがすごく大切だなぁと。
新譜をずっと楽しみにしていて、発売日に学校帰りにCD屋さんへ行って、買いたてのCDをCDウォークマンで聴きながら家に帰る感じ。
あの感じは忘れちゃいけないと思う。
そんな風に「CDを買いに行かなくちゃ」と思わせてくれた、GREAT3に感謝。
僕も、もしかしたらそんな瞬間を提供出来ているかもしれないと思うだけで、もっと頑張っていこうと思える。

その後、事務所にて打ち合わせ。
こちらもまだ言えないけど、楽しみ。

GREAT3「彼岸」を聴きたくてうずうずしていたところに、事務所の原田会長がいたので、会長を誘い、会長のデッキで一緒に聴くことに。
この「彼岸」という曲に込められたメッセージを会長に教えてあげたら、歌詞を読みながらしみじみと聴き入っていた。
「やっぱりAメロが良い曲は良いよね」なんて話す。

帰宅後、仮眠。
1時間くらいして起きて、軽く食事をして制作。
だいぶ感じが掴めてきた気がする。
輪郭を掴むことが、まずは大切。
お皿が無ければ、料理は盛りつけられない。


10月27日

早めに起きて制作。

午後の便で釧路へ。
天気予報を見てみると、現地の最低気温が2℃となっていて。
「いやいやいやいや」と思いつつも、ヒートテックやら冬物やらをしっかりトランクに詰め込んできた。
案の定、飛行機を降りた瞬間、東京では10月に感じ得ない空気の冷たさ。
これはちゃんと準備してきて正解だったと思った。
横で、「短パンしか持ってきてないっぽい…」と言っているマネージャー大久保を横目に。

空港から車で30分ほど走り、釧路駅前のホテルに到着。
部屋が、デフォルト暖房で乾燥しまくりだったので、加湿器をフル稼働させてメンバー・スタッフで食事へ。
イベンターさんに紹介していただいたお店。
特に珍しい料理があるわけではないけど、一品一品がシンプルかつ丁寧に作られていて、すごく美味しかった。
気付けば、店内は満席だった。

ホテルへの帰り道、路上の気温表示に「4℃」と出ていた。
どうりで息も白い訳だ。
僕も関根もガッツリ着込んでいる。
それでもマネージャー大久保は短パン。
マネージャー中村なんて、コンビニでアイスを買って食べていた。
いかれてる。

ホテルの部屋の湿度も良い感じになったところで、制作。
昨日、チーフマネージャー徳留に「ホテルでも曲作り出来るでしょ」「釧路なら、なんかいい曲出来るんじゃない?」と適当なアドバイスをいただいたので。
作業を始めてみて気付いたのは、釧路だろうがなんだろうが、部屋である以上、気分的にあんまり変わらないということ。
時間を有効に使いたいから全然良いけど。

明るくなるまで作業するが、煮詰まって、寝る。


10月28日

曇天。
かなり重い色をした雲が広がっている。
おまけに超寒い。

午後、ホテルを出発。
車で30分ほどかけて、今回の「対バンライオット」会場である釧路工業高等専門学校へ向かう。
途中、曇天にカモメが飛び交い、かなり不穏な空。
うわぁーと思っていたら、すぐ釧路高専に着いた。
かなり怖い空模様だった。

楽屋になっている教室に入ると、学園祭的にはもうそろそろ終わりといった雰囲気。
SOL!チームや学校の先生方と打ち合わせをして、本番へ。

本番は全校生徒が参加する後夜祭の中で行われた。
約1000人の生徒さんが体育館に集まっていたという。
舞台袖にスタンバイすると、ダンスコンクールで優勝したチームがパフォーマンスしている最中だった。
僕は正直、この学校行事の空気感が苦手で。
高校時代は、行事に全く参加しなかった。
おまけに、今回は番組イベントといえど、おそらくは僕らのことを知らない人が殆ど。
僕らが高校2年の文化祭で味わった、「誰も自分達に興味が無い中のライブ」の再来の可能性もある。
本音を言うと、かなり怖かった。
でも、そんな心配も吹き飛ぶくらい、とても温かく迎えてくれて、本当に嬉しかった。
共演のCROMARTYも僕らもすごく楽しめた。
釧路高専のみなさんにとって、いつか思い出してもらえる日になっていてくれたら幸いです。

終演後、今回の企画に協力していただいた先生が挨拶にきてくださって。
「最前で盛り上がっている子から、後ろの方で見ている子まで皆が楽しんでくれて感動した」と言ってくださった。
SOL!職員あっきー先生も、斜に構えてるような子が本当に一人もいなかった、と。
嬉しかった。
生徒のみなさんにも先生方にもみんなに喜んでいただけて、この仕事をしていて良かったと思った。
良い経験をさせていただきました。
ありがとうございました。

一度、ホテルに戻り、Base Ball BearとCROMARTYとSOL!スタッフ全員で打ち上げ。
海に近いところにお店があったのだけど、風がかなり強い。
気温2℃でこの強風はヤバい。
と、寒さにみんなやられていたのだけど、湯浅だけカーディガンにTシャツという薄着。
短パン大久保よりひどい奴がいてビックリした。
それでも寒くないと言い張った湯浅は大したもんだ(棒)。

一次会が終わったあと、SOL!ヘルツ先生の部屋でSOL!チームと僕で部屋飲み。
寝ちゃったヘルツ先生を横目に、動画を観たり、タキンチャイの話で盛り上がったりで、朝4時半。


10月29日

朝9時半ロビー集合。
強風&豪雨。
かなりの荒天。
飛行機が飛ぶのかという心配をしつつ、釧路空港へ。
予定通り飛行機は飛んだものの、ものすごく揺れた。

東京へ着くと、快晴。
嘘みたいに暖かい。

帰宅後、仮眠して仕事。
原稿チェックや書き物、メール業務。
その後制作。


10月30日

起きてから、終日自宅制作。
以上。


10月31日

今日が新曲の制作締め切り。
昨日の午前中から制作を始め、寝ずに今日の昼まで制作をしていたが、納得いくものは出来ず。
ショックと焦りで、精神的にも体力的にも割とキツい。
それでも打ち合わせのため、事務所へ。

昼から来年に向けた動きの諸々を打ち合わせ。
そして、曲が出来なかったことを話し、締め切りを一週間延ばしてもらうことになった。
ツアー先でホテルやスタジオで制作することにする。

次にまた別件の打ち合わせ。
そこで色々話しているうちに、これまで考えてきたことや、昨日今日と寝ずに制作していたことがガチッ!とハマる瞬間があった。
天啓・・・!!
圧倒的閃き・・・!!
っていうやつ。
曲こそ出来なかったけど、これがあっただけでかなり救われた。

打ち合わせ後、TOKYO FMへ。
ベボベLOCKS!の諸々。
11月中旬の回はマジでやばい。

21時頃仕事終了。
帰宅後、もうどうやって寝たのか憶えていない。
【関連する記事】
posted by bbb at 00:49| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。