2009年06月17日

モーニングスターって売ってるらしいよ

うっす!
こいちゃんこと、小出祐介っす!

以前書いた気がしますが、本当にソファーを買いました。

巷で噂のIKEAさんで買いました。

元々安いけど、あんまり安過ぎても不安だったのでそれなりのを買ってきました。

ついでに一人用の椅子とテーブルも買いました。

まぁ最終的にはいい部屋になったんですけども、ソファーを運び込むのが大変でした。

・・・玄関から入らねぇでやんのね。

ちゃんと寸法合わせて買ったはずなのにね。

でも運送業者の人、入らないってわかったら、

「・・・とりあえず、受け取りのサインください」

って、帰りやがって。

赤ちゃんズとその仲間のみんなが手伝ってくれてたからよかったものの、こっからがファイト一発な作業でして。

・・・窓から入れましたよ。

うちはほとんど一軒家(2階建て)なもんで可能だったわけですが。

まずは置く予定のリビングの窓からチャレンジしたんですが、直前で電線に引っかかって断念。

仕方ないので寝室の窓を外して、隣のアパートの大家さんに許可いただいて、よそ様の土地から運び込みました。

ほんと大変でした。

家具を買う時は計画的にね。

で、最後にテーブルを組み立てて。

いわゆるガラスが表一にきてて写真とか入れれるやつ。

この一連の模様替えのテーマが、

「いつ女の子がきても平気な部屋にする」

だったので、せっかくですから色々とガラスの下に入れてみましたよ。




Berryz工房関連の書類。




赤ちゃんズと「最後の最後に間違えたね」ってなりました。

家具がシックでおしゃれなだけに、一段と際立ってます。

友人の言葉を借りるなら「ホップ・ステップ・回し蹴り」といったところでしょうか。

いぇ〜い☆





P.S.

昨日の夜、父が家に来たので若干恥ずかしかったです。



20090610134532.jpg

【ステップの段階です。】


posted by bbb at 03:06| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

まさに、圧倒的っ!

ツアーなどでバタバタしてたもので書き忘れていたんですが、以前BONNIE PINKさんの「ONE」というアルバムをご本人に頂きまして。

聴かせて頂きました、というか、聴きまくっています。

中学の時に好きになってからもう10年以上追いかけてきましてけども、個人的にBONNIE PINKさんの1つの最高峰なんじゃないかと思ってます。

ちょっとすごすぎて鳥肌立ちました。

楽曲的にもサウンド的にも、もう何も「捨て」が無いです。

BONNIE PINKさんの中で一番好きなアルバムは?と聞かれたら「Let go」を挙げていたんですが、次に聞かれたら「ONE」だと答えたいと思いました。

なんというか、まず、日本を見渡してもBONNIE PINKさんにしか無いものをすごく感じるし、伝わってくるアティテュードや音楽的な探究心・好奇心や「現代の日本の女性シンガーソングライターは彼女をお手本にするべきだ!」って思っちゃうほど圧倒的な説得力の塊でした。

まさに「ONE」。

素晴らしいアルバムです。

手放しです。

こないだ取材で雑誌「トーキングロック!」の吉川編集長に会った時もお互いファンなもので、熱く語ったんですが、本当に素晴らしいんです。

僕の場合BONNIE PINKさんの音楽的な軌跡がブワーッとフラッシュバックして、これまでのそれぞれのアルバムがこのアルバムの後ろに「キン肉マン」でいう友情パワーみたいな感じで、正義超人が後ろにブワーッみたいな?(笑)、そんな印象やイメージが湧きつつ、とにかく「明日」がキラキラして見えてくるような、そんなアルバムなんです。

感動の一言なんです。

僕もやる気がすごくしてきました。

「退路なんか、もうねぇんだよっ・・・!」

そんな感じです。

とにかく、聴いた事がない人が聴いたら「これまでのアルバムも聴いてみたいな」なんて思うアルバムだと思うのです!

刺激になりました。

これからもBONNIE PINKさんを、圧倒的にっ、応援し続けたいと思っています。
posted by bbb at 04:03| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

圧倒的っ!

どうでもいいんですけど、うちの現場みんな、なんか、こういうとあれだけど、若干OBAKAな人が多いんです。

マネージャーの大久保くん(26)がその先頭を行っていまして。

ここ最近だとホワイトボードに「日比谷」を「比日谷」って書いて。

スタッフで一番この字を書いて見てるはずの彼が、事務所のみんなが見る所なのに、あえて、BAKA力(バカリョクもしくはバカヂカラ)を発動させてしまうという、星の下に生まれてるとしか思えないミステイク。

まさに、圧倒的っ!

アウツ!


そこへさらに最近、新人マネージャー「ししもとくん」(24)が入ってきました。

彼はハムちゃんが直々に面接をして、お墨付き入社したはずなんですが蓋を開けてみると、大久保くんを脅かす程の期待の超ルーキーでした。

今村Dから聞いたんですが、こないだレコーディングの合間で彼と大久保君と「ししもとくん」と三人で買い出しに行ったんですって。

で、外に出たら霧雨が降ってて。

でもまぁ傘を差す程でもないかーってことで、傘なしでスタジオのすぐ傍のコンビニへ。

大久保/ししもと/今村、の順番で横に並んで仲よく。

もちろん、ほんとに軽い霧雨だったから5分ほど歩いても全くと言って良い程ぬれていない訳です。

ただ、コンビニ着いて、「ししもとくん」を見ると・・・・



一人だけビッショビショ。



「・・・・なんでだよ!」

ってツッコんだそうです、当然。

彼を真ん中に挟んで歩いてたのに。

「・・・・ギャグマンガかよ!」

・・・と言ったかはわかりませんが、僕はそう思いました。

あと、顔つきも「燃えよドラゴン」に出てくる空手集団の一人みたいな感じで、なんか面白いです。

ホリからはボディービルダーみたいな顔つきだということで「ビル夫くん」というあだ名を付けられてました。

これからも圧倒的によろしくね。




と、そんなエピソードをチクってくれた今村D(32、子持ち)ですが、彼も心配になるほどOBAKAです。

まず見た目が若すぎてというか、小僧、すぎてタバコが買えません。

年齢表示を求められます。

あと、留守電を聞いて、それを残した相手と話した気に素でなります。

タバコの煙を吐くとき、毎回、どうしようもない程AHOな顔になります。

僕がコンビニのそうめんを食べたくて一緒にコンビニに着いてきてくれたその時には、道中、

「そうめんが無かった時のこと、想像しといた方がいいよ、つらいから」

と、いうアドバイスをくれました。

圧倒的っ!




紹介したのはここ最近のものですが、身内にしか伝わらないレベルになると毎日がそれこそ「ギャグマンガ日和」です。

歌録りの時にこの三人を一人で相手しなくちゃいけなかった先日、頭がキリキリとしてました。

本当に会話が成立してないんで、怖いです。

ライブの現場ともなるとライブスタッフにも同じ感じの人間が二人ほどいるので、すごいことになります。

ざわざわ・・・、となります。




でも、彼らは誰よりもBaseBallBearを好きでいてくれて、一緒に頑張ってくれます。

ライブやレコーディングの現場のみんなもそうです。

会話の破綻はしょっちゅうですが、とても恵まれていて幸せなことだと思います。

僕らが楽しんですべての活動が出来るのは、彼らがいてくれるからなのです。

助かるなぁ、ありがたいなぁ、と思う事が本当に沢山あります。

これからも圧倒的に末永くよろしくお願いします。





ただ、お願いだから、まず、日本語を勉強してほしいです。

いちから、ね。

たのむ。
posted by bbb at 02:51| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

アウツ

部屋がとっちらかってます。

本やCDや衣類やレッドブルがごわーって。

ここまできたのは久しぶりですね。

リビングにメインで置いてある座椅子の両サイドに積んであるので、王座のようになってます。

ファラオですね。

散らかしファラオ。

ゴミファラオ。

なんとでも呼んでください。

ファラ夫とかでもいいですよ、もう。

で、ただでさええらいことになっていたんですが、今日さらに「カイジ」が26冊追加になりました。

入荷いたしました。

今日は下手したらこのまま仕事しながらここで寝ちゃう可能性があるので、いつものように気付いたら「なし崩している」可能性もありますね。

参ったな〜。



いや、なんでかっていうとね、片すのってさ、大事だと思うけどさ。

でも、物を整理するだけの作業でしょ?

それがなんかめんどくさいんだよね。

散らかしていくのが自分の教養の追加行為(と、その量の確認)だとしたらさ、ただそれを並べ直してるだけというか。

しかも片してる間って何の追加もできないでしょ?

埃とか溜まるのは嫌だからそれはちゃんとやってるから、片さないのはいいんだよ。

むしろどんどん散らかしていくべきだよ。

こないだテレビで田原総一朗さんの1日密着やってるのみたら、家が書類とか本とかすごかったもん、積んでて。

だからいいんだよ。

見習おう。





・・・って、思ってたんだけどさ、これ、誰も家に来ない前提の処置だよね。

いいんだよ?

来ないからさ、赤ちゃんズ以外こないから。

でももしさ、女の子を家に連れて行くなんて事がいきなり起きたら、考えちゃうよね。

いや、「今日は帰ろうよ」ってなるよ。

って、思うとちゃんと片そうって思い直しました。






さらに正直にいうと、田原さんの直後にやってた中村うさぎさんの自宅潜入で危機感を覚えたんだ。

相当すごかった。

ドアノブにブラジャーがジャーってかけてあってすごかった。

「そうなりそう」って思って怖かった。




なので、まずはゴミを捨てて今日は寝ます。

なし崩して。
posted by bbb at 04:16| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

アイドル王国バラエティー畑

いまテレビで柳原可奈子さんが病院のコントやってて。

なんか子供と友達の出産のお見舞いに行くみたいなやつだったんですけど、ほんとすごいよね。

ひとりコントなのに登場人物が4人くらい見えてくるのよ。

描写もキレキレですごかった。

初めてみた時も演技力がすごいなぁと思ったけど、さらにキテました。

ちょっち感動しちゃいました。

20090527222926.jpg



posted by bbb at 22:33| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

LIVE MATHEMATICS TOUR09 完遂

ついに長かったツアー「LIVE MATHEMATICS TOUR09」も終わってしまいました!

ツアーを観に来てくれたみなさんどうもありがとう!

楽しかった!


思い返すと32本、なんだかあっという間でした。

このツアーでまた成体力的にも精神的にも、ボトムがさらに太くなったんじゃないかと思います。

そもそも今回のツアーコンセプトはとにかく修行みたいなところがありまして。

これまでで最長というのもそうだし、セットリストを毎回くじ引きで決めたり、対バン形式が半分あったり。

いままでやったことのないことをやって、次ぎなる試練に向かうための・・・ツアーでもあったわけです。

そして、秋のツアーも発表になりました。

夏のライブ多発時期を乗り越えてまた、大きくなった我々を見て頂きとうございます。

さらに、さらなるリリースも控えております。

今年はまだまだガツンといきますので、いや、むしろこれから本当のガツンがやってきますんで、どうじょよろしく!

それでは取り急ぎ!

どうもありがとうございました!



小出祐介







追伸

まだ打ち上げは続いているようです(笑)

おやすみなさいー
posted by bbb at 01:32| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

ツアーファイノー直前

いよいよ今日でツアーファイノーです。

精一杯演奏したいと思います!



そういえば先日、秋田でエヴァ新劇場版の前売りチケットをくださった方がいらっしゃしました。

20090522143747.jpg

嬉しすぎて、楽屋でチャットに自慢しまくりました。

本番直前まで眺めてました。

真希波・マリ・イラストリアスver.ですね。

でも勿体なくて使えないです(笑)

本当にありがとうございました!

あっ、背景は関係ないんですよ?

関係ないんです。

シングルカイマシタケド。

posted by bbb at 11:09| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

ツアー29

20090516080721.jpg20090516080721.jpg20090516080721.jpg20090516080721.jpg
posted by bbb at 08:12| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

山岸由花子はシンデレラに憧れる

あっ、発表になりましたねー!

なんで山岸由花子?っていう声が聞こえそうですけどね(笑)

っていうのも児玉裕一とPVの打ち合わせをしているときに、彼がたまたまイメージ画ってことであのジャケットの原型となるものを作って来たんです。

たぶん茶目っ気で(笑)

そしたらみんな、バッチリきちゃいまして。

確かにあの画、印象的なんですよ(「ジョジョの奇妙な冒険」コミックス37巻182ページ参照)。

ざっくり説明すると、山岸由花子(ちなみに彼女のスタンドは「ラブ・デラックス」)が康一に振り向いて欲しくて「シンデレラ」っていうスタンドを使う女にその能力で魅力的な女にしてもらうんですね。

で、その直後の彼女があれです!

曲のイメージに妙にぴったりだったので、児玉裕一すごいなって改めて思いました。

そして荒木先生や集英社さんにも許可を頂きまして、実現した次第でございます。

本当にありがとうございます。

ちなみにタイトルに“E”が多いのは、実はジョジョに寄せてです(笑)

OKが出なかったら普通にしてましたっす。

PVももう出来上がっているんですが、これも山岸由花子とジャケットのイメージをフィードバックさせたものになっています。

本物だ!みたいな(笑)

楽しみにしていてくださいねー!



そして、カップリング2曲目は「BREEEEZE GIRL U」ってことですが、勿論別曲だし新曲です!

3曲目は初めてのリミックス!

タイトルから想像してください!(笑)





ついでにジョジョの話。

前に書いた気もするんですけど、僕が一番好きなのは第4部でして、思い入れがありやす。

っていうのも初めて読んだのが第4部なんですよ。

小4とかの時に家族でどこか海外旅行に行った時、もう暇で暇で。

当時から色んな所に偏りがあった人間なので、海外が辛くてしょうがなくて。

で、日本食が食いたくてしょうがなくなって行った日本関係のものが売ってる店でジャンプがありましてね、即買いしました。

結構長い事滞在してたんで「日本帰りてぇ」って思いながら、もうずっとその号を読んでたんですよ。

普段は親が読んでるのをちら読みしている程度でドラゴンボールしか読んでなかったと思うんですが、もう全部を繰り返し読んで。

勿論その号(『影武者徳川家康』の連載第1回?とかだった気がする(笑))しかないからずっと同じものを読んでるんだけど、当時連載していたマンガ全部好きになっちゃって。

その中でもその号のジョジョが気になって仕方なかったんです。

杉本鈴美が出て来て「振り向いてはいけない小道」に初めて立ち入った時の話でしたね。

同じ場所をぐるぐる回るやつ。

なんかもう続きが気になって仕方なくて。

帰国後すぐに、連載を追って読むようになったし(『山岸由花子はシンデレラに憧れる』はそのすぐ後の話だったっけ?)、コミックスは友達のお兄ちゃんに借りて全巻読みました(笑)

当時でもうすでに30巻以上出ていたからさすがに買えなかったんですけど、でも中学に入ってすぐ揃えましたね。

っていうのもあってか、第4部が一番好きです。

アルバム『C』収録の「SHE IS BACK」っていう曲に第4部のサブタイトル「ダイヤモンドは砕けない」を引用したりもしてます。

そんな思い入れがあるので、今回ジャケットは本当に嬉しいっす。

また山岸由花子っていうのも渋いでしょ?(笑)

実際『山岸由花子はシンデレラに憧れる』ってすごく良い話なので、是非読んでみてください。

ちょっとした“TRUE LOVE”なので、ね。

まさにデラックス。







あと、関係ないですが、不動産関係の怖い話を読んでいて、そういえばと思って不動産関係に勤めていた知り合いに聞いてみたら、見事に怖い話ありました。

やっぱり人の「住」にまつわる場所っていうのは何かしらあるんですねぇ。

ちょっと久々に、きました。

今度「ソフトボール同好会」で話そうかなー。
posted by bbb at 10:14| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

Eat the Rich

もうツアーも終盤ですね、おひさしブリーフです、小出です。

ブログ離れしちゃうと中々戻れないですね。

すいません。

以前はあれっだけ書いてたのに、堀之内さんが書いてるからいいかーってなっちゃうんです。

すいませむ。



楽しい楽しいツアー、僕が書いていない間にPOLYSICSやKenKen of INVADERSそしてサカナクションとの対バンがありましたね。

本当に素敵な刺激をありがとうございました。

なんだかバンドの楽しさっていうのを身体の表面で感じました。

ポリとは1カ所だけでしたけど、なかなかない組み合わせだと思うのでレア感のあるライブだったんじゃないかなぁ。

またこういう形でも違う形でも一緒にライブがやりたいです。

そのときはもっとサングラスかけさせてくださいね。

なんならつなぎも、ね。

KenKen of INVADERSは、それはそれは面白いバンドだったよ。

音がこう、うねりながらステージを暴れ回ってる感じと言うか、ドラゴンがぶわーっみたいなすごい格好良いバンドなので、こりゃ負けられん!となりました。

ハムちゃんがトリコになっていました。

KenKenに兄弟の面白い話も色々聞いたんだけど、つい何日か前にお兄ちゃんのあっくんと会ってね、同じ話をあっくんサイドから聞かせてもらったらさらに面白さが倍増!

しかもちょっと感動しちゃう話がいっぱいあって、本当に素敵な兄弟だなって。

これからもよろしくね。

ホンバニモー。

で、一昨日まで一緒だったサカナクションはダンスミュージックなのにさ、生の迫力というか説得力があるっていう不思議さも持っていて。

あれはなんだかずるいよなーってなったよ。

ロックバンドなんですよ、こんちくしょー。

ボーカルの山口くんとはすごく話も合いましたね。

お互い処理の仕方は違うけど、同じ方法論や理論を軸に音楽をやっているという。

そういう人、初めて会ったのでなんだか嬉しかったな。

今後も何かしらで一緒できたら面白いだろうなって思うっす。

まずは山口くんと「友達を増やそうキャンペーン」を実施していきたいと思いやす!



個人的な近況としては、エアロスミスっていう感じかなー。

中1から中2の半ばまではハードロックしか聴いてなかったんだけど、久々にライブ盤を聴いたら超格好よくて。

スティーヴン・タイラーがやたらと曲中に「ギミサン」「ギミサン」って言うんだけど、どういう意味なんだろうね(笑)

多分「Give me sound」とかなんじゃないかと思ってるんだけど、なんなんだろ?

とりあえず意味はわかんないけど、僕もライブで言っていこうと思うんだ。

ドギツイ下ネタじゃないことを祈るよ。



ゴールデンウィーク中は下北沢によく行ったよ。

デザイナーの三栖一明とサイゼリアで打ち合わせを兼ねて喋りに行ってね。

4時間くらいいて2000円しなかったのは本当にビックリしたよ。

大好きなフランシス・ベーコンの画集を見せながら白熱してデザイン論を炸裂させてたら、横にいた10人くらいの女子大生の人達に気持ち悪がられたよ。

見せてる絵、全部顔が歪んでたり信じられないほど暗い色味ばっかりだからね。

今度は場所を選んで、デニーズとかにしようかと思ってるんだ。



あとはもっぱらゲームかな。

「朧村正」っていうのをずっとやってたよ。

3日間くらい家とコンビニの往復の生活して。

さすがに4日目にまずいと思って外に出るようにしたけど。

渋谷会赤ちゃんズとその弟と3人で遊んだりもしたけど、内容はちょっと書けないかな。

1歩踏み込んだよね、残念な方向にさらにもう1歩、っていう感じなので(笑)



じゃぁ、そろそろ長野に移動する準備をします!

また今夜!

再見!
posted by bbb at 09:16| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

第4メッセ活動限界まであと少し

ご存知の方も沢山いると思いますが、エヴァンゲリオンストアっていうネット通販のショップがありましてね。

たくさんエヴァグッズが売ってるんですよ。

オリジナルグッズもいっぱいあって、それがむちゃくちゃ良いのでマメにチェックしてまして、マメに色々買ってます。

最近も「破」の公開に合わせて新しいオリジナルグッズが発表になりました。

その中に初号機・弐号機G-Shockがあって即予約しました。

やっとアスカのが出てくれて本当嬉しいっす。

去年のG-Shockも初号機ウォッチも持ってます。

で、「それ使ってるの?」って話ですが、使ってます。

普段普通に使ってるし、「神々LOOKS YOU」のPVでも使ってます(笑)

言わないと判らないですし、見えないですけどね。

でも、靴は「RADIO EVA 013 【EVANGELION SHOES】 綾波レイモデル」っていうの履いてます。

あと、ヘッドフォンもオーディオテクニカとエヴァとのコラボレートヘッドフォンです。

よく見ると初号機カラーだったりして。

別に意味ないんですけど(笑)



「破」どうなるんですかね・・・・っていうか公開日「日比谷ノンフィクション」と思いっきりかぶってるんですけど(笑)

朝一で観て会場入りでも間に合うのかなー(笑)

でも、ついにまったく知らないストーリーに突入するじゃないですか。

10年以上前に塾行く前に飯食いながら観てたあの日を、友達と汗だくになりながら劇場に並んだあの日を10年経っても新しく塗り替えてくれるエヴァって本当に好き。

まずは序の「1.11」ですかねー。

ブルーレイ買おうかなー。

あと、アスカの名字が「式波」になってたり、大尉だったり、あのメガネ少女が「真希波・マリ・イラストリアス」っていうのも判ってきましたね。

でももう、想像するとワクワクしすぎるからなるべく情報は入れないように考えないようにしてます(笑)

たのしみだなー。



ということで、みんなのメッセ活動限界まであと18時間ですので、ラストスパート宜しくお願い致しやす!

posted by bbb at 00:19| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

ツアー中間写真報告no.3

風景もメンバーも全然撮ってないね、これ。

ローディーのJKさんばっかしで、ごめんねるねるねーるね。





20090412134450.jpg








20090412205438.jpg


20090412205450.jpg


20090412205515.jpg


20090412205524.jpg



20090414170015.jpg










20090414170137.jpg


20090414172745.jpg









20090403134108.jpg



20090417021332.jpg












20090403174953.jpg



20090403175050.jpg











20090415153423.jpg



20090415153500.jpg



200904151536431.jpg



200904151536432.jpg



20090415165933.jpg



20090415163006.jpg



20090415193847.jpg












20090416211600.jpg



20090416211609.jpg



20090416211629.jpg




20090416220409.jpg




200904162204092.jpg











200903290106208.jpg









毎日たのしーなー!





こいで
posted by bbb at 02:59| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「神々LOOKS YOU」について

小出です。

ハムちゃんに言われるまで新曲の解説書くの忘れてました(笑)

これ毎回やってますが、基本的に僕が勝手にやっているものなので、ホテル暮らしでネット繋げるのが面倒な今、完全に忘れちゃってました。

さぁーせん。




さて、昨日発売になりました新曲「神々LOOKS YOU」ですが、もう聞いていただけたでしょうか?

ツアーでも演奏しています。

とてもね、難しいです演奏も歌も。

コードの展開も多いし、メロディーの起伏も激しいし。

ちょっと前の自分達だったら折れてるタイプの曲です。

だけどライブでも全然やれてるっていうのは、個人的に一番成長を感じる部分でもあります。

制作は結構きつかったです。

曲が出来たのは早かったんですが、最後の詰めが大変でした。

何度もプリプロ(デモ制作のこと)を重ねて、やっとこの形にたどり着きました。

時間がない中で徹夜の作業が何度かありましたね。

でも一番悩んだのは歌詞でした。

曲が良くても歌詞がダメだったらやっぱり響かないですものね、当たり前ですけど。

一番最初の段階は言葉遊びばっかりで、何が言いたいのかわからなくてボツ。

次は青臭くなり過ぎてボツ。

さらに映画のこともあるので、どこでバランスをとったらいいのかわからなくなりました。

で、色々考えていくうちに、(タイトルは決めていたので)そもそも「神様」という大きい表現は正しいのか、という疑問にぶつかりました。

それでも自分のこれまでの24年間を思い浮かべながら、詞の世界を練っていきました。

僕もまず、人間ですから上手くいかないときも沢山あります。

それでもこうやって音楽を仕事として調子良くやらせてもらっているのは、才能とかなんとかそういうものがあったってのもあるのかもしれないですが、とりあえず運命なのかなぁと思いまして。

完全に結果論ですが、バスケが好きで入った学校で友達と上手くいかなくてバスケをすぐ辞めて、父が昔やっていたギターが家にまだあったからギターを始めて、そのうち学校全体になじめなくなって窮屈な毎日で、それでもメンバーと出会ってバンド始めて、たまたまその時にネットでオーディションをやっていたのが東芝EMI(当時)しかなかったからそこへデモを送って、今に繋がる人達と出会って・・・現在の僕がいるわけで。

正直、キツい時期はまぁ逃げることしか考えられなかったし、それが精一杯でした。

でも、今こうして全体で見てみれば、レールがあったように思えてくるんです。

その瞬間は逃げでも、今見てみれば正解の選択肢をとっていたというか。

だから別に「ポジティブにいこうぜ!」って言いたいわけじゃないんです。

着地点の設定はまさに「様々」ですから。

「いつか『素晴らしい』だと思えたら素敵だよね」ってことです。

そう思うと何でも無駄じゃなく感じれそうかなって思ったんです。

まとめちゃうと「失敗を恐れるな!」「偶然なんてない、すべて必然さ!」ってなっちゃうかもしれないんですけどね。

でも、この微妙なニュアンスを感じ取ってもらいたいし、感じ取ってもらえるような作りにしたかったんです。

と、なったときにテーマである「神様」は言いたい事を一番伝えられる言葉に感じられてきて、歌詞がすらーっと書けました。

「神様になれたら」なんて思いながらも、願い事をいっぱい抱えながらも、僕らは普通の人として「普通」という十字架を背負って生きていかなきゃいけないんですよね。

そんな、しかも、有限の人生で自分採点の満足点を得るのはやっぱり難しいことで、大体が惜しい所止まりだったりするけど、振り返って素晴らしいと思えるなら、それは素敵なことですよね、きっと。

僕もまだまだ満足していないし、全然足りないんですけど、頑張りたいです。

お互い引き続き頑張ろうね。

映画もよろしくね(笑)




さて、カップリングはまた遊びましたー。

「image club」はすごいタイトルですけど(笑)、本当に最近まで意味を知らなかったです。

エンジニアは久々のサイトウマサタカです。

昨日のMCでも言いましたが彼は現在マスドレのマネージャーをやっておりまして。

エンジニアは時々で基本的にはマネージメントを仕事としています。

昔からこういう仕事をやりたいって言っていたので、マサタカもやりたいことを追求してるんだなぁって思います。

もう知り合って7年とか8年とかですが、これまでに僕らのライブを観たのって数回しかないんじゃないでしょうか。

だからこうやって2日間連続でガッツリとライブを観てもらえて嬉しかったです。

僕にとっては時々しか会わないけど、ちゃんと解ってくれている人で通じ合っている人です。

そして、さっき滋賀から富山へ向かう車の中で彼からメールがきまして。

ライブの感想に添えて「まぁ大丈夫だと思うけど、これからも消費されるようなつまんない曲書くなよ」って書いてあって、思わず号泣しました。

ちゃんと見てくれてるんだと思ったらすごく嬉しくって。

メンバーにはバレたくないので寝たフリしてましたけど(笑)

メールで感動して泣くなんて生まれて初めてでした。

ちなみに、その後に続けて悲しい夢見て、また泣いて起きました(笑)




最後の「BOYS MAY CRY」も「image club」に続いてセルフプロデュースです。

自分で色々ディレクションしながらレコーディングしました。

これはもう憧れをこめて、愛をこめての曲です。

僕が彼の音楽を聴いてもらったものを、キャッシュバックというかなんというか、そういう曲です(笑)

好きすぎてちょっとマネして歌ってみたら、いい感じになりました(笑)

それでもちゃんと自分の表現をしたかったので、歌詞もこだわりの表現が盛り沢山です。

「天井の木目が」とか「全米が泣くような恋」とか。

思いついた時は半分シャレだったんですけど、その細かい表現がすごくハマっているし、とても好きなのでみなさんに気に入ってもらいたいです。

辛かったら俺の胸で泣いてもらいたいです(笑)

サウンドのコンセプトも80年代なので、そういう隠し味を沢山施しています。

専門的なのはめんどくさいので書きませんが、その辺も気付く人は気付いてください(笑)



すごく長くなりましたが、最後に映像も観てみてくださいね。

堀之内がすっげぇうるせぇから(笑)

あと、「第4回みんなのメッセ」(BBS)も始まりました!

また「これでもか!」って、じゃんじゃん書いてくださいね!

それでは今後のリリースなども楽しみにしていただきつつ、ライブ会場でまた会いましょう!

ではー




Base Ball Bear 小出祐介
posted by bbb at 01:21| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

アーバンミッドナイト

東京一週間が終わりました。

ひと月ぶりの東京はやっぱりいい街でした。

っていうのはやっぱし仲間がいるから楽しいんですのね。

結局毎日仕事はしていたけど、夜には渋谷会のみんなに会えて嬉しかったです。

仕事は主に「神々〜」の宣伝活動をしていました。

あと体調も一瞬崩しました。

その日に限って歌収録があったりして大変でしたがなんとか頑張りました。

そして明日からツアー再開です!

そういえばまだスタッフにもメンバーにも言ってないですが、日替わりセットリストの候補曲をまた追加しようと思います。

毎日セットが違うと言っても、段々慣れて来てしまったので、緊張感を追加しようぜ!

ごめんね、急でね。

それでは明日以降観に来てくれるみなさん、楽しみにしていてくださいね!!!

現場で会おう!!!
posted by bbb at 01:43| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

ツアー中間写真報告no.2

欲をいえば、欲をいえばね、携帯のブログを更新したいんだ。

でもね、あっち、手続きが大変でね。

直感でいきたいので、こっちに載せますね。

無料で読めるからってことで・・・許してにゃんまげにとびつこう。


あと、「銀魂」主題歌をやらせていただくことになりまして、早速オンネアチェッキしましたっ。

素晴らしいオープニングでした!

「繋がれますか?」で手を繋いでる画のあとに「あなたとoneway」で定晴が出て来て笑いました(笑)

「ワン」ウェイってことですよね?

さすがです!

引き続き「銀魂」よろしくお願い致しやすー!

余談ですが、アニメイト熊本店に寄った時に記念に銀魂グッズを買おうかなって思ってコーナーを覗いたら、「銀魂コーナー」にだけ沢山の女子が品定めしていてさすがに恥ずかしくて逃げてしまいました(笑)

なんか買っとけばよかったなー、ハンカチとか。



20090328131402.jpg

20090328131450.jpg

20090328131603.jpg

20090328132033.jpg

20090328132015.jpg

20090328131916.jpg

20090328172049.jpg

20090328132106.jpg

20090328132224.jpg

20090328132533.jpg

20090329010620.jpg

20090329010620.jpg

20090331171327.jpg

20090331223156.jpg

20090401010551.jpg

20090401115927.jpg

200904011159278.jpg

20090329010620.jpg

200903290106208.jpg

posted by bbb at 23:25| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

ツアー中間報告no.1

お久しぶりです、小出です。

ツアーも3分の1を完了いたしました。

本当に信じられない量の汗を毎回かきまして、毎回酸欠寸前でして、毎回生と死の狭間でライブしています。

とても充実したツアーを展開中です。

観に来てくれたみなさんどうもありがとう!

そして、ここまでまずはゲストにTRICERATOPSさんとB-DASHさんをお迎えしての対バンもございました。

自分たちのツアーで対バンをするのは初めてだったのですが、とても刺激になりました。

なんというか、自分たちよりも先輩のみなさんが素晴らしい演奏した後の出番なので、負けたくない!みたいな気持ちになってしまうんです。

それぞれ最後の日には舞台袖でメンバーさんが観てくれていて、それもまた嬉しかったです。

僕も神戸の日、袖で観ていたら和田さんと目があって笑ってくれた時になんだか泣きそうになりました。

憧れの和田さんが僕を見て演奏してると思ったら、感極まるばかりでした。

昨日の長崎では、ダンス湯浅将平にGONGONさんが勝手に乱入しました(笑)

加えて次のMCで、楽屋で発見したGONGONさんの面白い動きを本人に実演してもらいました(笑)

あれは今後も続けていってもらいたいです!!!

みなさんどうもありがとうございました!



そして明日は山口周南でのワンマン、その次はART-SCHOOLとの対バンがスタートです。

ARTにはいつもツアーに呼んでもらっているのですが、今回は逆に呼んでみちゃいました。

木下理樹のキャラをさらに掘り下げていきたいと思います(笑)


20090305133619.jpg

20090312130021.jpg

20090316154902.jpg

20090316203922.jpg

20090319120253.jpg

20090319161614.jpg

20090325120705.jpg




posted by bbb at 19:34| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

ツアー2

横浜公演、おわりやしたー!

見に来てくれたみなさん、どうもありがとうー!

いい感じで雨降ってましたけど、来てくれてよかったよかった(笑)

ヤバイ感じのみなさんのテンション、最高っした!

またお会いしましょうー!


めくるめくセットリストでみなさんに立ち向かっておりますけども、これはどんどん更新されていく予定です。

後半になるとまた全然違う形になっているかもしれませんね!

今日の流れも良かったと思います!

まだまだ「死んでしまうセット」に当たっていないので、その日がくるのを楽しみにしています(笑)

まだ観ていないみなさんには判らないことかもしれませんが・・・それは当日のお楽しみに!

ラスト30本、頑張ります!!!!!!!





MCでも話しましたけど、今日の仕事人、よかったです(笑)
posted by bbb at 01:40| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

こいデブログ 1でぶ目

事務所の先輩がやられている矢島美容室さんの新曲「SAKURA-ハルヲウタワネバダ-」、相当すごいです!

曲もかっこいいし、歌詞がすごい!

あの歌詞は羨ましいなぁ・・・

ああいうの書きたい!

ってか、やっていいならやってた!(笑)

やられた!

さすがっす!

さすがセンパイ!

よろしくセンパイ!
posted by bbb at 21:09| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

OFFFFFFFFFFFFFFFFFF

昨日、今日と、1年とすこしぶりの完全オフがきました。

「何も考えずにすごしてもい〜よ」というオフです。

本当に何も考えずにすごしています。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。



必殺仕事人2009がめちゃくちゃ面白いです。

2007、2009新春スペシャルを観た感じで「そうでもないかも」と思っていたんですが、レギュラー放送になってめちゃくちゃ面白いです。

なんですかこれ。

毎週、主水が観れて超幸せです。

しかも2クールに延長ということで、さらに最高です。

ツアー中の録画、ハードディスクの容量に注意したいところです。



で、明日湯浅が引っ越しします。

彼の部屋には順調に段ボールの山が。

これからお互い別々に暮らしますが、1つだけ不安なことができました。

・・・怖い本とか読めなさそう。

ホラー映画は全然平気で、むしろ「呪怨」とか流しながらPSPとかやってたりするんですが、夜中に怪談の本とか読むこと、それだけは怖いです。

やっぱり人間、自分の想像力にだけは勝てないってことでしょうかね。




で、福澤徹三さんの「怖い話」、面白かったです。

僕もゴヤの「我が子を喰らうサトゥルヌス」はすっげぇ怖いし、ベーコンの「インノケンティウス十三世像による習作」も好きです。

後者はサンプリング作品として興味深いです。

音楽でも絵でも笑いでも、サンプリングを面白く思うっていうのは、1つの文化ですよね。

過去の自分をサンプリングするのも、赤の他人をサンプリングするのも、面白いです。

そのサンプリングとオリジナルのバランスでも具合が変わるっていうのも、本当に深いことです。

そういう風に考えるとオマージュっていうのも、サンプリングの類いとも考えられますよね。

バランスの違いだけというか。

そうそう、オマージュといえば「おくりびと」に山崎努さんが出演なさっているのって、伊丹十三監督の「お葬式」へのオマージュなんですかね!?

「おくりびと」を観てないので想像なんですが。

葬式を扱った映画にキャスティングされるってことは、監督にそういう意図があると(少なくとも伊丹十三監督のファンは)にやっとしちゃいますよね!

今度観ようと思いやす。



近頃、「ゆずピール」というお菓子にはまっていまして。

お菓子っていうのかどうかもよくわかんないんですけども。

とにかく、ひたすらゆずの皮に砂糖をまぶしたものですね。

それをね、近所の新しくオープンしたコンビニに買いに行ったんですよ。

そしたらね、ものすごい店員さんの数で、しかも・・・

店長(たぶん)「ただいま○○出来たてでございます!いかがでしょうかー!」
その他の店員「いかがでしょうかー!(復唱)」

とかやってて。

・・・そのテンションいつまで続くんですかね。

別にいいんですけど、やるならずっとやって欲しいですよね。

もしくは近いうちにフェードアウトするなら、やらないで欲しいです。

気になるからそういうの!

で、見てるよね、お客さんってそういうの。

で、自分にもお客さんがいるわけだから、気をつけなくてはとも思う訳です、こういうとき。

100人の人がいたら100人に満足してもらいたい、好きでいてもらいたいというのが僕のスタンスですので、頑張りたいです。

にしても、「まず信頼感を得るのためのスタートダッシュ」って難しいよね。

その後のキープがさらに。


先日、高村光太郎「智恵子抄」(僕の歌詞に出てくる「檸檬」はこの作品にインスパイアされたものだと、よく説明しています)を久々に読もうかと本棚を見たら・・・2冊ありまして(笑)

あと、「海辺のカフカ(上)」も2冊ありました。

しかも読んでない(笑)

ってことは「読もう!」と2度思って、2度とも「買って満足」しちゃったってことかしら。

下巻を買ってないから、確実かぁー。

「竜馬がゆく」も一巻しかなかったです。

でも筒井康隆さんの文庫とか、安部公房の文庫も手に入る限りのものはたぶん全部あったなぁ。

絶版のも何冊か探して手に入れたりしてたし。

東野圭吾さんの作品はエッセイ以外全て読んでます(リスト作って読んでた)。

戸梶圭太さんもおそらく全部、伊坂幸太郎さんも全部、銀色夏生さんも文庫の詩集は確かほぼ全部・・・・

とかとか見ていくと、全然棚が足りねぇ!です。

1度読んだ本って愛着が湧くから、基本は売りたくないってのがダメなんでしょうけども。

なんか、「あんなに面白いのにこんなに安く!?」とか思いたくない(笑)

あと、意外にノンフィクションの本が多かったです。

「新潮45」の文庫とかね。

あとは・・・大体オカルト関係です(笑)




ということでー。
posted by bbb at 16:51| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

消失点

ついに、決まりました、湯浅との別居が。

高校三年の終わりから約6年、何度か引っ越しつつも一緒に住んできたのですが、とうとう別居です。

っていうか、まぁ、普通になるだけだけど。

そもそも神奈川にある大学のそばからこっちに来る時点で別々になってよかったんだけど、ついでだし、みたいなノリで結局さらに4年程住んでいたわけです。

で、そろそろ更新の時期ということで、このタイミングじゃねぇの?って理由で湯浅の引っ越しが決まりました。

僕は引き続きここに住みます。

自分の収納(主に本類)がとっくに追いついていないので、将平の部屋が空いたら書斎みたいにしようかなーと考えております。

どっちにしてもツアーが始まっちゃうので、ツアー終わりで色々やることになりますけどもね。

丁度一週間後に引っ越しなので、準備しなくちゃね(将平が)。




そういえば、「神々LOOKS YOU」って、文法的にダメなんだよね。

「S」が付いちゃダメなんだよね。

でも、「神さまそれぞれが」っていう風に捉えれば強引にオッケーってことで、このままにしちゃいました。

なにより、言葉の乗りがこっちの方が良いので。

音楽って、不思議だよね。





明日もレコーディングですー。
posted by bbb at 04:56| 小出祐介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。